宅地建物取引士の年代別取(30代・40代・50代)のメリット

ビジネスマン

 

今や終身雇用制度が破壊しつつある中で、資格の有無は大きな問題となってきています。
現代社会で生き抜くためには、資格が大きなポイントとなっているといっても過言ではないでしょう。
宅地建物取引士の資格はとても人気ですが、資格取得のメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?
30代、40代、50代とそれぞれ年代別にメリットを詳しく調べてみましょう。

 

★宅地建物取引士の資格のメリット;30代編

宅地建物取引士の資格受験には職歴、学歴、年齢等の制限がありません。
そのために今までどのように過ごしてきたか?に関係なく、宅地建物取引士の資格を取得することができるのです。
学校を卒業して、なんとなく仕事についてきたものの、自分が全力で取り組めるものを見つけられないという人が、ゼロからスタートすることができるのが、宅地建物取引士です。
特に不動産の仲介部門などは慢性的な人手不足に悩んでいます。30代という若い世代であれば、未経験でも就職できる可能性があります。
まずは宅地建物取引士としての資格取得を目指し、これからの人生の仕事とも言える職業を見つけることができるかもしれません。

 

★宅地建物取引士の資格のメリット;40代編

宅建の取得者である不動産業関係者の中でも、全体の30~40%はほかの業種でも必要とされているという事実があります。
簡単に言うと、不動産業界以外でも宅地建物取引士の需要はあるということです。
不動産業界とはあまり関係のなさそうな金融機関等などでも、宅地建物取引士が活躍できる場があるのです。そのためにある程度、社会経験を積んて余裕が出てきた世代である40代が、スキルアップや昇進のために宅地建物取引士としての資格を取得するというケースも多いのです。
また転職にもつながり、大きなチャンスをもたらすことがあります。

 

★宅地建物取引士の資格のメリット;50代編

不動産業界などに長くいると、自分で独立してやってみたい!という思いを抱く人も増えてきます。
業界のノウハウを知り、ある程度の資金もある50代であれば宅地建物取引士の取得をして、宅建業者として独立できる可能性があるのです。
すでに仲介部門などで働いているのであれば、コネがあるために、事業を始めやすい立場にいます。
不動産業の売買には欠かせない資格である宅地建物取引士の資格が独立のかぎとなります。

 

★宅地建物取引士の資格のメリットのまとめ

宅地建物取引士としての資格を取ることで、仕事の幅が広がっていきます。
年代ごとに宅地建物取引士の資格を取るメリットは違っても、どの年代であっても資格を取るのに遅すぎるということはありません。
不動産業に関係すル業界にいるのであれば、いつでもぜひ目指したい資格です。