宅地建物取引士として活躍するアドバイス

苦悩する男性

 

資格の取得が就職や転職につながることは、事実です。
そう思って宅地建物取引士の資格を取得したのに、資格が役立てられないケースもあります。
いくつかのケースを想定して、宅地建物取引士として活躍するためのアドバイス参考にしてください。

 

★宅地建物取引士としてのパート先が見つからない

宅地建物取引士の資格を取得したのに、資格を役立てられる職場を見つけられない人も多くいます。
このケースは女性に多いのです。
実務経験がなければ、仕事を探すのは難しいです。

そんなときには土日休み希望”を、土日勤務可に変えてみてください。
土日不可だと、ほとんど需要がないといえます。
逆に土日勤務が可能であれば土日に人が集まるモデルルームなどでの需要は高まります。
まずは自分の条件を硬く守るのではなく、本気で働きたいのであれば条件を雇う側に有利な条件に変えてみましょう。

 

★今の職場で宅地建物取引士の資格を使う機会がない

スキルアップと思って取得した資格も、職場によっては使う機会がないケースも多いです。
使いたいのに、使えないと思い悩んでいるだけではなく行動してみましょう。

もちろん慎重に行動する必要はありますが、転職なども検討できます。
宅地建物取引士としての実務経験を積める職へ変える、宅地建物取引士の資格を使える部署に異動願いを出すなどです。
黙って悶々と悩むだけでは、時間だけが過ぎ現実は変わりません。まずは行動に移してみましょう。

 

★宅地建物取引士の資格をフルに使えていない

職場によっては宅地建物取引士としての仕事が少ししかないところもあります。
せっかく苦労してとった資格を鈍らせないためにも、フルに資格を活用したいところです。

多少のリスクを背負ってでも、冒険をして今の状況を脱出したい!のであれば、独立という道もあります。
ただし独立は考えているよりも甘くはありません。
軌道に乗るまでは大変です。またコネがないとやっていけません。
慎重に検討する必要はあるものの、会社の責任者として存分にスキルを発揮することができます。
宅地建物取引士の仕事も増え、満足感も生まれることでしょう。
状況打破という点からみると、独立も一つの選択肢としてみることができます。

 

★宅地建物取引士の資格をフルに活用するためのアドバイス

勉強して苦労して取得した資格です。フルに活用したい!と願うのは、当たり前のことです。
ただ悩んでいるだけではことは進みません。
まずは行動です。
どうしたら宅地建物取引士の資格をより生かせるか?性格の適正なども考えて、資格が生かせる環境を自分で作り出しましょう。