気になる宅地建物取引士資格取得後の進路

木

 

 資格を取得する前にぜひ知っておきたいのが、資格取得後の進路についてではないでしょうか?
宅地建物取引士としての資格を取得した後には、どのような将来が開けているのでしょうか?
資格試験合格のためにもっと現実味を増すためにも、宅地建物取引士の資格取得後について考えてみてください。

 

★宅地建物取引士の資格を直接生かせる職場

せっかく取得した資格をできるだけフルに活用したいのであれば、不動産業界で就職になります。
資格試験合格後、宅地建物取引士として登録できれば、すぐに宅地建物取引士として活躍することができます。
仕事の性質上、多くの宅地建物取引士資格試験合格者が、この不動産関係の仕事を希望しています。

そのために競争率も高いのですが、不動産業界は入れ替わりが激しい業界でもあること、また常に人手不足の問題を抱えていることもあり、就職先を見つけられるケースが多いといえます。
宅地建物取引士として登録している人の3割程度が、不動産業界で活躍しています。
宅地建物取引士としてメインの就職先となることでしょう。

 

★不動産業界以外で宅地建物取引士の資格を生かせる職場

不動産業界ではなく、別の職種での就職を考える場合もあるでしょう。
その場合は宅地建物取引士合格者という法律の知識が武器となります。

そのために法律系の事務所、企業の法務部、金融関係の不動産部、融資部などの就職先を見つける人もいます。
不動産関係の法律家として活躍するために不動産業界だけではなく、不動産の売買を行う多くの業界での活躍ができます。

 

★宅地建物取引士の資格でスキルアップ

直接宅地建物取引士としての仕事をするわけではないものの、スキルアップのために宅地建物取引士の資格を取得する人もいます。
宅地建物取引士の資格を1つのステップとして、行政書士、司法書士、社会保険労務士、管理業務主任者、FPなどの資格取得に進むケースもあります。
いずれの場合も法律知識が必要な資格であるために、宅地建物取引士を希望する資格のためのステップと考えて生涯学習を続ける人も多くいます。

 

★宅地建物取引士の資格取得後の進路

宅地建物取引士として資格を取得した後には、宅地建物取引士として働くことだけが進路ではありません。
不動産関係以外の職場で、宅地建物取引士の知識を活用することもできます。

また宅地建物取引士を更なるステップアップのための段階と考えて、もっと難しいとされる試験に臨む人もいます。
いずれの場合でも、将来にいくつかの選択肢を加える結果になることでしょう。