宅地建物取引業者以外にもある勤務先の種類

指導

 

宅地建物取引業者、つまり不動産業界で働くと一言に言っても、その仕事の種類は多岐に渡ります。
特に宅建士としての活躍の場はとても広く、専門家としてやりがいを感じることができる職業の一つでもあります。
宅建士は宅地建物取引業者以外の勤務先でも活躍することができ、自分のタイプに合わせて勤務先を選ぶこともできるマルチな資格であるといえます。

 

★宅地建物取引業者での主な宅建士の仕事

不動産の売買・賃貸という最終的な目標だけではなく、不動産売買に至るまでの過程を円滑に進めてるために欠かせない存在となっています。
不動産取引の専門家としての手腕が多いに発揮されるのです。

 

★宅地建物取引業者でのスキルアップ

勤務先が宅地建物取引業者であって、これからも不動産業界での仕事をしたいという人は、不動産の専門家として更なるスキルアップをすることができます。
たとえば駐車場関係やマンションなどの管理という業務に役立つマンション管理士・管理業務主任者の資格を取得することで、不動産投資や売買に至るまでの相談やアドバイスをすることができます。
さらに、不動産の価格を鑑定する不動産鑑定士という資格を目指してスキルアップすることもできます。
この資格は難関とされているために、不動産鑑定士と宅建士の資格を持ち合わせていれば、宅地建物取引業者で重宝されます。

 

★宅地建物取引業者以外での活躍の場

不動産業界だけではなく、ほかの業界でももっと不動産法律の知識を生かしてみたい!というタイプの人におすすめなのが、 建築関係、金融関係などでの活躍がおすすめです。
建築関係ですと営業者としての宅建士を必要としています。事業拡大を予定している建築関係の会社での活躍もできます。
さらに 金融関係では、不動産を担保代わりとして融資をすることもあります。
そんなときには宅建士の知識を必要とします。

 

★宅建士の資格を生かして自分のタイプに合った勤務先を選択する

宅建士=宅地建物取引業者での活躍と考えてしまいがちですが、実は宅建士として活躍できる勤務先は宅地建物取引業者だけではありません。宅建士と言っても、それぞれの個性や性格に合った勤務先があるはずです。自分にはどのような形で宅建士の資格を生かすことがベストなのか?ということを考えて、勤務先の種類を絞っていくことができます。