勤務の自由な宅地建物取引士

%e5%a5%b3%e6%80%a7%e7%a4%be%e5%93%a1
 

宅建資格はとても人気がある国家資格であり、勤務の自由度が高いために子育てをしながら働く人も多くいます。
子育てがひと段落した主婦が手に職を付けようと思って取得する資格としても人気があります。
宅建資格があれば、正社員として雇用されやすくなりますし、他のパートよりも高い時給で働くこともできます。
ここでは、勤務の自由な宅地建物取引士についてご説明します。

 

★宅建資格の人気

年間、20万人以上の方が試験をうける宅建資格は、国家資格であり、不動産屋にとっては無くてはならない資格の1つです。
物件を販売する際や貸し出す場合には、必ず宅建資格を持った人が説明をする必要があり、不動産屋の5人に1人は宅建資格を持っている必要があります。
新しく店舗を開く不動産屋にとって、宅建の資格を持っている人はとても優遇されるのです。

 

★宅建資格を活用する

宅建資格を持っていると、仕事を探しやすくなります。
不動産屋は常に宅建資格者を求めています。
試験の合格率は20%未満で決して簡単ではないからこそ、ニーズが高まっているのです。
子育てから解放された主婦が新たに働こうと思っても良い条件の職場は多くありません。
しかし、宅建の資格を持っていることで不動産屋への就職がしやすくなりますし、自由に時間を使いたいのであればパートでも構いません。
一般的なパートよりも高単価で働くことができるため、新たに宅建の試験を受けようとしている主婦が増えてきているのです。
すでに不動産屋で働いている人も宅建の資格があれば収入を増やすことができるようになります。

 

★宅建の資格で得をする

宅建の資格があれば、同じ勤務時間でも収入は多くなります。
それほど不動産屋では求められている資格なのです。
必要な資格だからこそ融通が利きやすくなっています。
子育てをしながら働くことはもちろんのこと、在宅で勤務をすることも可能です。
介護をしながら働きたい人でも宅建があれば可能なのです。
これから国家資格を取ってみよう、また働きに出ようと思っている人は、国家資格の宅建資格にぜひともチャレンジをしてみてください。