人気のお仕事宅地建物取引士の魅力とは?

135054

 

 今の日本で最も人気の高い資格である宅地建物取引士ですが、どのようなところに魅力を感じて資格の取得を目指す人が多いのでしょか?
宅地建物取引士の仕事とその魅力について迫ってみましょう。

★宅地建物取引士の仕事は独占業務が多い

宅地建物取引士の多くは不動産業界で活躍することになりますが、その業務内容には宅地建物取引士しかできない仕事があるのです。
その業務内容とは、重要事項説明と重要事項説明書と契約書への記名押印です。

つまり不動産は、宅地建物取引士がいないと売買することができないのです。
そもそも土地にはたくさんの法律が関係しており、自分の思っている用途に土地を購入したとしても使えないケースなどがあるのです。
そのような法律的な説明をするために宅地建物取引士の力が必要となるのです。
このような状況から不動産業者は事務所には、宅地建物取引士を5人に1人以上おくことが義務つけられています。

★宅地建物取引士の魅力とは?

宅地建物取引士の資格を取ることで、該当業界での就職と転職が行いやすくなります。
いわゆるスキルアップにつながります。自分で不動産業を始めようとしても、宅地建物取引士の資格は必須となりますので、仕事の面で有利になれるでしょう。

 給与に関しては、それぞれの会社は違いがあるために収入的に有利かどうかは、勤務している会社によって異なります。
しかし宅地建物取引士の資格を持っていると、毎月資格手当として5千円から5万円程度がもらえます。
これも収入への+になります。

さらに宅地建物取引士の資格は仕事に使うだけではなく、プライベートにも役立ちます。
不動産の購入の際などに、トラブルにならないよう自分自身を守ることができます。
または相続で土地などの不動産を相続することになった場合などにも、法律的な知識を持っていることで大きな違いが生じます。

★宅地建物取引士の仕事は魅力が多い

宅地建物取引士は転職や就職に有利になるだけではなく、業務面でも宅地建物取引士しか行えない大事な仕事への責任感や充実感を感じることができます。
また収入面でも資格取得手当がつくために、アップにつながることでしょう。
もっと大きな目で見れば、直接仕事に関係することだけではなく、個人としての不動産の購入や相続などの時にも役立つ法律の知識が得られます。