妊娠・育児中を使って宅地建物取引士の資格取得

asian babys and mother in the room

 

女性にとって、妊娠と育児は人生を大きく変化させるターニングポイントとなることでしょう。
多くの女性が子供とより多くの時間を過ごすために、一度は会社を辞めることを選択しています。
でも子供が学校に上がった後などに、社会復帰を目指すのであれば、妊娠・育児中はスキルアップを狙ういい機会です。
そんなママたちに宅地建物取引士は人気の資格です。

 

★妊娠・育児後の就職のために

いくら子供が手を離れても、家事と子育てを両立させるためにフルタイムで働かず、自分のペースで収入を女性が多いです。
パートやアルバイトなどの形態で働く女性が多いです。
子供と過ごせる時間も多く、プライベートの充実はフルタイムの仕事に比べて高いです。
しかしその反面、収入は少なく社会保険面は整っていません。

そんな弱点を克服するのが、資格の取得です。
資格取得により、より良い環境で仕事をすることができます。
最終的にはプチ開業も目指せるスキルとして、宅地建物取引士の資格は人気を集めています。幅広く活躍できる場所があり、パート・アルバイトだけではなくフルタイムでの再就職もしやすいというメリットもあります。

 

★宅地建物取引士はママにおすすめの資格

資格取得と一言に言っても、資格の種類によっては学校に通う必要があったり、お金がたくさん必要だったりと、ママ業との両立は難しいものも沢山あります。
さらに学歴や実績、年齢制限などもある資格もあるために、妊娠・育児という忙しい時期には取得が不可能なものもあります。

しかし宅地建物取引士ならば、独学でも資格の取得を目指せます。
さらに勉強する時間もほかの資格と比べると少なく、妊娠・育児の隙間時間を利用しながら資格を取得することができるまさにママにおすすめの資格です。
宅地建物取引士の資格を取っておけば、再就職にも有利になり、パートでも歩合制の仕事であれば短い時間で効率良くお金を稼ぐことができます。
ママとしての本業をおろそかにせずに、働ける資格の一つなのです。

 

★妊娠・育児中はスキルアップの機会

宅地建物取引士は女性が取得して仕事をしやすい環境にある資格の一つです。妊娠・育児と家にいる時間を利用して、宅地建物取引士の資格を取得してみるのはどうでしょうか?
社会でも家庭でもバランスの取れた生活がしやすい資格です。