宅建試験は難易度が高いが有利な資格

宅建の試験の難易度などについて

 

ずっと気になっていた宅建の試験にチャレンジしました。
現在はアパレル関係で働いていますが、不動産などの知識を身につけてその業界でいつか働ければと思いました。
難易度は噂通りで、本試験では正直手応えがありませんでした。
しかし、過去問でなんども演習した場所が出たりして、なんとか合格することができました。
途中で挫折しそうになったことは何度もありましたが、勉強してよかったと思います。
とにかく毎日少しでもテキストに目を通しましょう。

30代 女性 アパレル

 

宅建の試験に合格したら就ける職業について

 

三年前に宅建の試験に初めて挑戦しましたが、点数が17点と惨敗してしまいました。
さらに一年間みっちり勉強して一昨年めでたく合格を勝ち取りました。
宅建の資格を持っていると就職が有利になるとは聞いていましたが、不動産会社に面接に行くと未経験でも採用してもらえて本当に受験して良かったと思っています。
宅建の資格を取ることで就ける職業は、同じ不動産会社でも営業社員としてではなく取引主任者となるので重要な仕事を任されています。

40代 女性 看護師

 

宅建の試験のイメージなどについて

 

職業柄、宅建の資格が必要であったため受験しました。
建築業界で働いているので、それほど難航しないだろうと思ってはいましたが、一から勉強しなければならないことも多く、用語の意味を理解するまではけっこう大変でした。
宅建の試験は難しいイメージがありますが、専門的な用語がとても多いので、そういったことからイメージが定着しているのだと思います。
努力のかいあって合格することができ、一安心です。50代でもチャレンジするべきです。

 

50代 男性 建設業