時間を工夫して宅建の試験内容を集中して学習

宅建の学習の内容などについて

 

将来のためにずっと気になっていた宅建の資格の勉強を始めました。
覚えなければいけないことが多く、何から手をつけていいのか分からない状態だったので、まずは用語の理解を深めることにしました。
そうすれば、テキスト中にでてきた用語でいちいちつまずかず、スムーズに読み進めることができるからです。
結果的に不動産という特殊な世界に慣れることができたのでよかったです。
あとは1つ1つの意味をしっかりと理解してから次に進むことと、反復学習を心がけるようにしました。
このような勉強内容を繰り返し、効率よく勉強ができました。

20代 女性 学生

 

宅建試験対策は弱点を集中的に学習した

 

宅建試験を試しに受けてみようと勉強をはじめました。
法律関係の分野が苦手でなかなか理解できなかったので、そこを中心に勉強しました。
わからないままにしておかず何度も何度も繰り返し同じ勉強をしました。
弱点を克服できるように繰り返し学習をして理解できるようにしました。
だからしっかりと勉強することができました。
試験も苦手だった法律関係の問題も慌てずに解くことができました。
何度も勉強をして対策してよかったです。

40代 男性 公務員

 

宅建試験の学習時間は自分の都合を大切にした

 

宅建は仕事柄必要な資格だったので、試験を受けてみようと思いました。
学習時間をあまり確保できなかったのですが、移動中の時間を活用して用語を覚えたり問題を少しでも解くようにしました。
食事中も問題を確認したりして、ちょっとした隙間を利用しました。
集中して毎日続けることを意識しながら勉強をしました。
少しでも覚えることが大切だと感じたからです。
そのおかげで資格を取得することができました。
資格を持っていると仕事に活かすことができるのでよかったです。

50代 男性 自営業