独学で宅建資格を取る最短の方法

最短で宅建を取得するための独学法

 

転職にいかすためには、宅建を最短で取得しなければなりませんでした。
そのため、過去問攻略を重視しました。
宅建業法については過去問の繰り返しなので、過去問さえクリアできれば満点が取れます。
また、権利関係も過去問を覚えきるつもりでやれば点数は上がってきます。
この二科目で満点を取るつもりで勉強するのが独学では重要です。
それ以外の部分は独学では対策しづらいので、対策しやすいポイントから手を付けていったのが努力を成果につなげた勝因だったと思います。

20代 女性 OL

 

宅建の試験対策を独学で行いました

 

宅建試験にチャレンジしてみたかったので独学で勉強をしました。
独学はあまり費用がかからず、自分の好きな時間を選んで勉強をすることができました。
仕事の休憩時間や通勤の電車の中など隙間の時間を活用して勉強しました。
あまり無理がないように勉強しました。
宅建は国家資格だからこそ、胸を張って自慢できる取得です。
そんな魅力的な資格を取得できたのでとても満足しています。
コツコツと空き時間を利用して勉強をしてよかったです。

30代 男性 会社員

 

宅建の試験対策は独学で行いました

 

仕事の休憩中など空き時間を活用したいと感じて宅建の試験にチャレンジしてみることにしました。
独学での試験対策は、周りのことを気にすることなく自分のペースでコツコツと進めることができました。
わからないところは何度も見直したり」、自分の苦手分野を選んで勉強することができたのでよかったです。
時間を有効活用して勉強ができたので、苦痛を感じることがありますせんでした。
短時間でも積み重ねて勉強したからこそしっかりと対策ができました。

40代 女性 アパレル