宅建の資格が就職に有利になる業種とは?

オペレイター

 

宅地建物取引士は不動産売買の専門家として、公平な取引のために設けられた資格です。就職にも強い資格とも言われていますが、どのような就職先があるのか?就職に本当に有利なのか?ということについて考えてみましょう。ぜひ宅地建物取引士資格試験の勉強を始める前にしっかりとこれらの情報について知るようにしましょう。

 

★宅地建物取引士資格取得後の就職先

宅地建物取引士の資格を取得するからには、しっかりと就職先についても確保しておきたいものです。
主な就職先の業種は、建設業界・不動産業界となることでしょう。
これらの業界で働いているのであれば、宅地建物取引士資格の取得を企業として薦められることがあるでしょう。

 

★本当に宅地建物取引士は就職に有利?

資格を取る= 就職に直接つながることは、なかなかないといえるでしょう。
そのために就職に有利になるのではなく、企業内の専門家として企業に対して有用な存在となる、転職に有利になることでしょう。
宅地建物取引士が行うことができる業務内容としては、不動産の売買契約の際に必要な重要事項の説明、説明書への記名と押印、 契約内容記載書への記名と押印になります。

つまり不動産取引は、宅地建物取引士がいなくては成り立たないものなのです。
もしも不動産業界への就職を念頭に入れているのであれば、宅地建物取引士はマストの資格です。
しかし就職先について漠然としたアイディアしかないのであれば、宅地建物取引士の資格を取ったからと就職に特別に有利に働くことはありません。

 

★宅地建物取引士の資格取得を考えたい業種について

不動産会社系にとっては、宅地建物取引士は商売を進めるうえで欠かせない存在です。
そのために直接企業内で売買契約にかかわる部署にいなくても、大手企業であれば入社5年以内の資格取得が義務になっているところもあります。

または住宅メーカー、建設会社などの営業職であれば、宅地建物取引士はぜひとっておきたい資格です。
お客さんの急な質問などにもてきぱきと答えられるからです。
不動産に係る業種であれば宅地建物取引士の資格は必須ではないものの、就職で有利に働くこともあります。自分の就く業種で資格の取得について考えてみたいものですね。