宅建試験に独学で合格する方法と勉強時間

戸建て住宅 イメージ

宅地建物取引士の資格取得を目指して頑張っている人も多いと思います。
中には独学で合格を目指したい!という人もいると思いますが、スクールなどを覗いてみると、独学では合格のハードルが高いといわれてしまい、どうしようか?と迷っている人もいると思います。
どのように独学で勉強すれば合格できるのでしょうか?

 

★宅地建物取引士資格試験の独学方法の基本は、過去問を解きまくる

過去問で問題に慣れるながら勉強ができるので、過去問と参考書で勉強するのが一番の近道といえます。
基本的に2冊の本を、1冊にまとめる感じで自分なりの本を作っていきます。
宅建は過去問を解いていき、問題の傾向を知ります。また基本的な知識をひっかけ問題として使っていることもあるので、それを念頭に入れてケアレスミスがなければ、50%ほどは正解できるようになるでしょう。
まずは問題に慣れるために問題を解き、わからないところを細かく覚えていくようにしましょう。

 

★宅地建物取引士資格試験を独学で合格するためにはどのくらいの勉強時間が必要?

過去問題の解くスピードは、初めての問題の場合は20時間で5回くらいを解けるようにします。
そこまでにもっていくために、まずは基本的な用語などを勉強する必要があります。
もちろん今までの実務があるのであれば、過去問から取り組んでもOKですが、そうではないケースは過去問を見て理解できる単語が80%ほどになる程度までは、基本的な知識を取り入れます。
人によって必要とする勉強時間は違ってきますが、目安としては100時間から200時間ほどの勉強をしましょう。

 

★宅地建物取引士資格試験の独学での合格のカギは“何度も繰り返す”こと

スクールに通っても、独学で勉強しても、合格できるかできないかは自分の努力次第です。
自分でメモを書いて作った参考書を何度も何度も、穴が開くほど勉強します。
確かこのページのこのあたりにこの問題がある!というくらいまで、1冊を知り尽くすようにしましょう。
繰り返し1冊の本を勉強することで、まんべんなく幅広い知識が頭に入っていきます。
一度使う参考書を決めたら、よそ見することなく1冊を徹底的に使いこなしましょう。

宅地建物取引士資格試験に独学で合格するために

宅地建物取引士資格試験に自分で勉強して合格するためには、

① 過去問で試験慣れし、問題の傾向をつかむ

② ある程度の勉強時間を確保する

③ 何度も同じ参考書を繰り返して勉強する

ことが、大事です。3つのポイントを押さえて、独学で宅地建物取引士資格試験に合格しましょう。

 

★宅建試験の勉強はマンスリーマンションで

宅地建物取引士資格試験は静かな環境で長時間勉強が必要です。
自宅に確保できない場合は、近くのマンスリーマンションを借りて真剣に勉強することを勧めます。