宅建資格試験

住宅街のアパート
 

宅地建物取引士は国家資格であり、試験を受けて合格をすれば不動産業界で求められている人材の1人になることができます。
宅地建物取引士になれば、重要事項の説明や記名、押印など業務の幅が広がるだけでなく、不動産の事をより知ることができるようになります。
ここでは、宅建資格試験の内容や合格率についてお伝えします。
誰でも受験資格はありますので、スキルを身につけたい方はぜひともチャレンジをしてみてください。

 

★宅建資格試験の受験手続

宅建資格試験に受験申込する方法は2つあります。
1つはインターネットです。
試験案内を取り寄せた後、顔写真のデジタルデータを準備します。
不動産適正取引推進機構のホームページから申し込みができるようになっており、支払はクレジットカードが便利です。
カード支払いに抵抗がある人は、コンビニでの決済もできるようになっています。
もう1つの方法が郵送による受験手続です。インターネットと同じように試験案内を確認した後、顔写真を用意して申込用紙に記入をします。
郵便局や銀行で受験料を支払った後、簡易書留にて申込書一式を郵送すれば完了です。

 

★宅建資格試験の受験資格

宅建資格試験は誰でも受けることができます。
数ある資格の中でも人気のある資格の1つであり、不動産業界で働いていない人でもスキルアップのために受けることが多いです。
不動産業界の新人の方、これから不動産業界へ転職しようと思っている方、将来的に司法書士や行政書士を目指している方が多く受験をしています。
年間に1回の試験であるため、しっかりと勉強をして合格を目指すようにしてください。

 

★宅建資格試験の難易度や試験科目

年間に20万人以上が受験をする国家資格ですが、合格率は決して高くありません。
一般で受ける人は15%前後となっており、10人に1人か2人しか合格できません。
ただし、受験を申し込んで受けない人が2割くらいいますので、真剣に勉強をすれば決して超えられない壁ではありません。
なお、不動産業界で働いている人は5点免除される登録講習があります。
講習を受けると合格率は25%程度までアップさせることができます。
問題は全部で50問の4択式となっており、試験時間の2時間は余る人が多い傾向にあります。