宅地建物取引士の資格試験の難易度と合格率

講義室のイメージ

 

宅地建物取引士の資格試験を受けることを予定している人にとって、宅地建物取引士の資格試験の難易度と合格率については気になるところですね。
宅地建物取引士の試験を受ける前に確認して、宅地建物取引士資格試験の合格へのモチベーションを高く保ちましょう!

 

★宅地建物取引士の資格試験の合格率

宅地建物取引士の資格試験には、毎年3万人ほどが合格をしています。
宅建取引士の試験を受ける人の人数は17万~20万人ほどといわれていますので、合格者が3万人前後とすると16から17%ほどの人が試験に合格していることになります。
国家試験のなかでは、とても高い数字であるとえいます。

 

★宅地建物取引士の資格試験の難易度

上記の合格率を別の見方で分析してみましょう。
合格率が16から17%前後ということは、受験者10人のうち8人が不合格であるということとも言えます。
確かに国家資格の中では、合格率が高い試験の一つですが、現実的にはやはり簡単なものではないということです。

中には“宅地建物取引士はそれほど難しくない”という意見もありますが、それはどの程度資格試験に向けて取り組んできたのか?というレベルによっても違います。
いずれにしても合格率から導き出される難易度に関しては、決して侮ることはできない試験といえます。

 

★宅地建物取引士の試験に合格するための得点数

では宅地建物取引士の試験に合格するためには、どれほどの得点を獲得すればいいのでしょうか?
一般的には、70%以上の正解率で合格するといわれています。
しかし毎年試験の難易度は変化しています。
そのために単純に70%とも言えません。
最近の傾向で言えば、合格ラインは32~35点ほどです。
50点が満点ですので、70%以上であれば確実に合格、60%ほどであっても、年によっては合格する可能性があります。

宅地建物取引士の資格試験のための勉強の際には、70%の正解率を目指して勉強を行いたいものです。

 

★宅地建物取引士の合格の秘訣は苦手をなくす

国家試験ですので、簡単に合格できると考えない方がいいです。
そんな宅地建物取引士の資格試験に合格するためには、苦手を克服することです。
特に宅地建物取引士の場合、出される試験内容はとても幅広いものとなっています。
まんべんなく学習することで、決して難関ではないものの、簡単ではない宅地建物取引士資格試験に合格することができます。