宅地建物取引士の勉強にはアプリを利用して!

部屋でタブレットを見る女性

 

宅地建物取引士の合格率は16から17%ほどといわれています。
つまり10人のうち8人は試験に不合格となっているのです。
でもできれば一発で資格試験に合格したいものです。そこで宅地建物取引士の資格試験のための勉強のおすすめ方法であるアプリを使った勉強方法をご紹介します。

 

★宅地建物取引士の一般的な勉強法に加えたいアプリ

宅地建物取引士の資格試験は主に教科書・テキストなどの本を利用して行うのが一般的です。
どんな本を使って勉強するにしても、本を外に持ち歩いてまで勉強するという人はなかなかいないのではないでしょうか?

そもそも本を持ち歩くのは、面倒ですし、忘れてしまう可能性もあります。
そこで注目したいのがスマホアプリです。通勤時間や待ち時間などの隙間時間に勉強することができ、効率的な勉強法になります。

 

★おすすめのアプリ;オンスク宅建アプリ

宅地建物取引士の資格試験合格のために、ぜひ確認しておきたいのがオンスク宅建アプリです。
無料の講義ムービーが多数用意されていたり、宅建士問題の無料問題があり、 サクサクと勉強することができます。
しかも1回当たりの勉強時間が5分から15分程度なので、本当に隙間時間に勉強できるのもおすすめのポイントです。

アプリと合わせて勉強しておきたい本も発売されていますので、本と合わせて使うことで、もっと効率的な勉強を行うことができます。
復習機能もついているので、苦手を克服するのにも役立つ勉強ツールです。

 

★宅地建物取引士の資格試験勉強にアプリを使うメリット

アプリはとにかく気軽に勉強できるのが特徴です。
勉強しなければいけないことはわかっていても、中なかやる気が出ない日もあります。
そんな日でもスマホ片手にどこででも勉強できるために、何気に知識が身についていきます。
さらに電車の中やちょっとした空き時間などに、スマホ一つで勉強することができるのも魅力です。
外出先にいちいち本をもっていかなくても、スマホさえあればサクッと勉強ができます。

 

★忙しい人は特にアプリを活用したい!

宅地建物取引士の資格取得を目指している人の多くは、すでに社会人である人が多いです。
そのために仕事をしながら勉強と、とても忙しい日々になります。
そんな状況だからこそ、アプリを使ってちょっとした時間に勉強することで、合格に近づくことができるのです。
ぜひアプリを取り入れて、合格へ少しでも近づきましょう